読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カビゴンは ゲームを している!

ゲームに本気を出す浪人生のブログ

ハースストーン 余は大後悔時代!

ハースストーン 翡翠ドルイド 考察

どうも、カビゴンです。

 

ついさっき、ハースストーンゲーマーズのデッキランキング発表を見てきました。そこに記してあったのは、「世は大公開時代! 海賊ウォーリア中心のアグロ環境!」との事でした。そして翡翠ドルイドはtire2でしたね。コントロールには強いけどアグロには厳しく、この順位なんだそうです。

 

そしてこの記事のタイトルにもあるように、自分が凄く後悔する事がありました。思ってたよりもアグロが多いこと、ミッドレンジも結構アグロ寄りなことです。対して自分のデッキは遅いデッキに強く、環境と噛み合ってないのは誰の目にも明らかです。

 

というわけで、このアグロ環境に適合出来るよう、またデッキ変更してます。とりあえずは終末預言者1枚と凪ぎ払い2枚と滋養1枚を抜いて、象さんを復帰させて爪のドルイドを採用しました。凪ぎ払いを抜いた理由は相手ミニオンの体力が2以上ないし5以上の奴が増えたからです。ドレイクと組み合わせるにしても9マナ必要で、アグロデッキにはそれまでに決着付けられる事がほとんど、ミッドレンジやコントロールはそれまでに体力6、3の奴を展開されやすいので、どのデッキに対しても強くないと思い、抜きました。終末預言者は悪くなかったですが、前の記事通りこれはアグロ用に採用したのでは無いので、これも解雇しました。ハンターが減ったのも理由です。滋養はあまり抜きたくなかったですが、もう一枚挑発欲しかったので、まだ一枚でも大丈夫だと思われるこれを抜いた次第です。

 

採用したカードについて言えば、象さんも熊さんもある共通した特徴があります。それは体力6の挑発ということです。自分は体力6であることが大事だと思っています。理由は、ドラプリのポーションと、海賊ウォリのアルカナイト・リーパーを耐えられることです。これで、このデッキの苦手な部分を補助出来るのではないかと思っています。

 

現在ランク15~14を行ったり来たりですが、目標のランク5目指して頑張りますよ!皆さんも頑張って下さいね!

 

3分後 追記 ・・・今公開した記事の修正してたら、初めて★付けてくれた方がいました!ありがとうございます!アクセス回数も今日だけで6回増えましたし、かなり嬉しいですね!こんな覚え書きみたいなブログですが、これからもよろしくお願いします!

 

7時間後 追記 ・・・ただいま大迷走しております。凪ぎ払い抜いてまた大後悔しました。とりあえず妖獣の激昂抜いてまた入れましたが、妖獣の激昂は生命線であった為、直接的なダメージには弱くなってしまいました。いよいよどうすればいいのでしょう。抜くカードがありませんよ・・・