カビゴンは ゲームを している!

ゲームに本気を出す浪人生のブログ

ハースストーン ドルイドデッキの中間報告3 

どうも、カビゴンです。「こいつまたドルイドデッキ変えたのか」って思ってるでしょう?その通りですw

 

今日もハースストーンやってたら海賊シャーマンと当たりました。序盤を何とか凌いでましたが、やはり相性が悪く終盤で体力残り10まで追い込まれました。自分は手札にあった魔力の巨人を出し、相手が火力足りなければリーサルになる盤面にしましたが、手札からドゥームハンマー出されて終わりました。

 

そこで思ったのは、巨人が古代樹だったら勝ってたかもしれない勝負だったな~という事でした。そこで、巨人の存在意義についてもう一度考え直してみました。

 

巨人は呪文を連打するこのデッキには相性が良く、8/8のスタッツは翡翠のゴーレムに見劣りしない。そう考えての採用でした。しかし、このデッキの主役はあくまで翡翠のゴーレム。こいつはいわばそれまでの繋ぎみたいな扱いでした。こいつがフィニッシャーになった試合ってあんまり無かったと思います。それに、低マナで2体召喚することもよくありますが、これって偶像二枚プレイとあまり強さが変わらない(かえって弱いことすらあります。)んですよね~。しかもこっちはいくらでも増やせますしね。増やせない翡翠の偶像と考えると、果たしてこいつは本当に強いのでしょうか?

 

そして出した結論は、繋ぎや盾として扱うのならば巨人より古代樹の方が優れている、ということです。何度も言ってますが、このデッキは序盤全然動かないので、5/10挑発は中、終盤を凌ぐのに非常に心強い盾になります。また、今までと違って海賊アグロ相手でも出せる可能性が高まりますし、勿論他のデッキにも強いです。故に、巨人は解雇して古代樹を採用することにしました。ここまで悩み続けた結果このデッキが出来たので、これ以上はデッキをいじることは無いでしょう。そう信じています。切実に。

 

そういうわけで、このデッキは個人的な結論に(多分)たどり着きました。ではここで、普通の翡翠ドルイドと自分の翡翠ドルイドを比べてみましょう。

 

・・・そう思ってハースストーンゲーマーズ翡翠ドルイドのページスクショしましたが、多分勝手に載せては駄目ですよねw 気づいてよかったw なので自分のデッキだけ載せますね。

f:id:holly-may-23:20161215233055p:plain

ここ2週間ずっとこのデッキについて考えてたなぁ・・・

 

普通の翡翠ドルイドとの違いは、生きている根や翡翠の精霊、ワタリガラスの偶像は無く、その代わりにウーズやマルチ、スナック売り2枚にガヅェッツァンがもう1枚入ってます。普通のものよりも防御力が高く、さらにデッキを回す力も勝ってます。でも、序盤の展開・除去能力やデッキの柔軟性、翡翠カードの数自体は負けています。しかし自分はこう考えてます。このデッキは後半になればなるほど強いので、序盤の展開や除去の能力は要らず、柔軟性もそこまで重要ではない上に、翡翠の精霊は偶像で代用利くから要らない。むしろ後半まで耐えるための防御力や、後半のデッキ回転の能力、そして環境メタが必要だ、と。新環境始まってから2週間、個人的にはやっとこさスタートラインに立った気分です。これからもランク戦頑張ります!

 

~追記~ 今気付きました。ハースストーンゲーマーズじゃねぇ、ハースゲーマーズだ!誤字失礼しました。何せ半年以上勘違いしてたもので・・・恥ずかしい。過去の記事にも多分こう書いてあると思いますが、「こいつ馬鹿やな~」と思って脳内補完して下さい。これからは気を付けます。