読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カビゴンは ゲームを している!

ゲームに本気を出す浪人生のブログ

ハースストーン How to play Jade Druid! 3

どうも、カビゴンです。翡翠ドルイドの戦い方第三弾です。

 

今回はアグロデッキとの戦い方を詳細に書いていきます。と言っても、やることはほとんど単純な上に負ける確率が高いですがね。やっぱりミッドレンジはアグロに弱いです。

 

6、対アグロデッキ

 

ここでは各々のアグロデッキに対する戦い方を詳細に書きます。同じアグロデッキでも種類によってかなり勝率が変わるので、一括りにしないことをお勧めします。あと、どのデッキが相手でも滋養はドローではなくマナ加速として使った方がいい事も多いです。(勿論状況によります。ただマリガンでキープはしないで下さい)ちなみに、アグロデッキとの戦績は自分のデッキの方が良いです。アグロが多いと感じた時は自分のデッキをお勧めします。(ここまで1度も基本デッキを勧めていない)

 

・海賊アグロシャーマン

最強と名高きデッキですね。勝率はこちらのデッキによって違いが出ます。基本デッキでは非常に不利です。自分のデッキならまだ勝機はあります。でもどのアグロにも言える事ですが、相手のデッキが回ったら一溜まりもないです。

 

マリガンはマナ関連とダメージスペル、自分のデッキならそこにマルチとウーズとスナック売りです。基本的にちんけなバカや舌トーテムをきっちり処理するのが大切です。故に自然の怒りも3ダメージスペルとして扱うのが良いと思います。(ただし状況によります)

 

そして、こいつには4マナ7/7オバロ2のあの化け物がいます。基本デッキが非常に不利なのは大体こいつのせいです。自分のデッキならマルチで1体は倒せるので、アグロシャーマン多いと感じた時は自分のデッキをお勧めします。(最早自分のデッキを売り込む為に基本デッキと比べてるようなものである)ちなみに自分のデッキの場合、ウーズはどちらの爪に使ってもいいです。ドゥームハンマーを採用したデッキもありますが、それまで待たなくていいです。最悪手札から出せず負けることもあるので。

 

・海賊アグロウォーリア

ガヅェッツァン環境はこいつから始まりました。初っ端からえげつない火力を叩き出し、最速4ターンで決着を付けるその速さはまさに韋駄天の如しです。(※韋駄天・・・めっちゃ足の速い仏様。信じられない速さを誇るものに例えられます。ここで必死の受験生アピール)でもこのデッキにとってはアグロの中ではかなりマシなデッキです。

 

マリガンはマナ関連とダメージスペル、自分のデッキならそこにウーズとスナック売りです。アグロシャーマンと一緒で、相手の攻撃力の高いミニオンを徹底的に潰すのが基本です。武器は挑発ミニオンで防御するか、自分のデッキならウーズで潰しましょう。基本ウーズはアルカナイト・リーパーに使いますが、場合によっては烈火の戦斧を溶かすことも考えましょう。

 

 ・海賊アグロローグ

こいつも速いですが、アグロの中で一番勝率が高いです。しかし、それでも少し不利です。挑発ミニオンを昏倒させられますから。

 

マリガンはマナ関連とダメージスペル、自分のデッキならそこにウーズとスナック売りです。やっぱり上2つと同じで、兎に角防御に回るのが得策です。以外と息切れしやすいので、そこで逆転してしまいましょう。自分のデッキの場合、ウーズは致死毒を使用されたり、場にちんけなバカがいる時に武器を溶かすと良いと思います。なお、ミラクルローグの事は考えません。勝てないので。

 

・(discard)zoo

現環境ではまだ一度も見かけていません。ウォーロックはまずレノなので警戒する必要は無いですが、もしも当たったら勝つのは難しいでしょう。

 

マリガンはレノロックと同じです。つまり対策を切ってます。当たったら事故なので仕方無いと思いましょう。

 

・アグロパラディン

見たこと無いですね・・・ 多分パラディン自体見かけないと思いますが、万が一出会ったら厳しいです。

 

マリガンはコントロールパラディンと同じでいいかと。こいつは序盤からミニオン展開するといいと思います。大型挑発はウルダマンでやられるので注意です。

 

・フェイス(秘策)ハンター

ハンター自体滅多に見ないですし、見ても大体ミッドレンジです。あんまり警戒する必要は無いでしょう。でも相性は悪いです。

 

マリガンはマナ関連です。ミッドレンジハンターと決めつけてプレイします。もしこっちだったら頑張って防御して下さい。多分間に合いませんが。

 

・アグロフリーズメイジ

「何それ!?」って思う方もいると思いますが、自分も使っています。序盤からマナ・ワームや魔法使いの弟子を展開してダメージを与え、途中から相手を足止めしながら呪文による焼き払いを狙ってくるデッキです。勿論フリーズメイジらしくアイスブロックで防御してきます。翡翠ドルイドの苦手なアグロとフリーズが組合わさり最強に見えます。実際厳しいですし。

 

でも全く見ないので気にしなくていいです。マリガンもコントロールメイジと同じで構いません。出会ったら事故です。事故。

 

以上ですかね。厳しい戦いを強いられると思いますが、勝つチャンスはあるので頑張りましょう。ということで、今回はここまでです。次は対ミッドレンジデッキについてと、締めの文章を書きます。読んで頂きありがとうございました。

 

読者になってくれるなら、ポチッと押して下さい。

 

https://blog.hatena.ne.jp/holly-may-23/holly-may-23.hatenablog.com/subscribe/iframe

 

Q.明日センターなのに大丈夫か?

A.大丈夫だ。問題無い。(フラグ)